小さいうちに習い事をさせるメリットとは

小さいころから習い事

子どもの頃から習い事をさせるメリット

日本の教育水準を高く評価する人は世界にたくさんいます。 確かに日本の教育水準はとっても高いです。 江戸時代には民間人にも教育が広まっており識字率の高さは世界で群を抜いていたのです。 その頃から日本の教育の基礎は「読み書きそろばん」でした。 今でも子どもの頃にする習い事で得られるメリット上位に入ってきます。

読み書きそろばん

「子どもの頃から習い事をさせるべきだと思いますか?」どちらかというと、子どもの頃は遊ばせて大きく育てよう、というような論調が少しだけ強くかつ世間に広まっているような印象があります。
あなたもそう思っていませんか、実はそうでもないのです。

小さいころから習い事をさせることによっていくつものメリットがあります。
また、子どもの「自由」や「遊び」といった反対の論調によく出てくるキーワードも意外とフォローされていることに気が付くはずです。

どんなメリットがあるのか、その代表的な例をご紹介します。

最大のメリットは、子どもの可能性を探ってあげることができる点です。
自分の子どもが小さいころは、いったいどんなものに才能があるのかさっぱりわからないと思います。
「左手でボールを投げたから野球選手だ」とか、「絵が上手だから画家だ」とかそういった感じなのではないでしょうか。
そう思ったのならば、一度習い事をさせてみるのも良いと思うのです。
基礎から学問として学ぶことができますし、自分の子どもがどのくらい才能があって、またどのくらい興味を持つのか分かるのです。
しかもこういった判断は意外なほど簡単にできます。
まず集団で学ぶことになります。
ある種の競争に放り込まれることによって、興味や才能がより顕著にあらわれてくるのです。

最後に、子どもの頃の自由や遊びといった反論によく使われる論調ですが、子どもは意外なほど習い事を楽しく遊びながら自由に学ぶ姿を見せるでしょう、心配するほど堅苦しい習い事は少ないものです。
また、自由な発想は基礎を土台にしてさらに輝きがますと野球の天才選手などが話しています。
基礎を学べばそれを捨てるのも生かすのも自由にできるのです。

幼児に適した習い事

習い事と聞くと「なにを習わせればわが子にとって良いのだろう」といった悩みが出てくるのと同時に「習い事っていつ頃から通い始めるものなのだろうか」という悩みも出てきます。 それが幼児期の子どもを持つご両親ならばなおさらです。 そんな場合は幼児教室が良いのではないでしょうか。

水泳教室に通うメリット

メリットのある早くに通う習い事の多くはお勉強系の物ですが、その中で水泳教室は運動系の早くから通うメリットのあるものの一つです。 水泳教室を早くから通うようにして得られるメリットはいくつもあるのですが、運動系の習い事であるのにも関わらず知育にも重要な役割も果たしてくれます。

TOPへ戻る