小さいころから習い事

>

子どもの頃から習い事をさせるメリット

読むこと書くこと計算すること

子どもにいったいどんなことを習わせようか、習い事はたくさんあるし、予算の問題もある。

その中で基準にできるものが3つあります。
それは「読むこと」「書くこと」「計算すること」です。

世界から見て日本の教育水準の高さには驚きを隠せない人はたくさんいるようです。
その中で特に「識字率の高さ」と「算数数学のレベルの高さ」に驚きの声があがります。
日本は世界的に見ても文字を大切にし、数学教育の成功者なのです。
それらはすべて近代日本が始まる前の江戸時代の「寺子屋」が土台となったおかげでもあります。

子どもの頃から習い事をするより高いメリットを得ようとした場合、故事にならい「読むこと」「書くこと」「計算すること」を選ぶのは良い選択です。

得られるメリットを教えます

「読み書き計算」を優先することのメリットはいったいなんでしょう。
一番はすべての基礎だからです。
基礎というのは人生の基礎です、これらの習い事で得られるスキルは一生ものです、きっとお子さんもご両親に感謝する日がやってくることでしょう。
まず、文字というのはすべての基本です。
きれいに書けることは色々な場面でメリットがあります。
パソコンが普及した現代においても綺麗な文字は目を魅くものなのです。
また、文字を読むことは読解力を付けることに繋がります。
考えてみてください、これから先、学んでいく学校教育においてなにが一番の基礎になるのか。
それは国語です。
「今でしょう」のセリフで有名な先生が言っているように、読解力不足のせいで算数ができないという子はたくさんいるのです。
そして計算能力は、後に文章問題を助けることになります。
計算の速さはそれだけ思考に時間を使うことができるというメリットにつながるのです。


TOPへ戻る