小さいころから習い事

>

水泳教室に通うメリット

水泳は全身を鍛えられます

全身運動の水泳は、子どもの頃から早くに始めるとメリットがたくさんあります。
最も大きなメリットは体にいいことです。

全身を運動させるようなスポーツはあまり多くはありません。
しかも身近に短時間で効率的にと考えるとなおさらです。
水泳はこの特徴を兼ね備えています。
スリムで運動能力の発達した人物は格好良く、また美しいです。
この論に人生の先輩である大人の方ならば異論はないでしょう。

子どもが学校に通う頃、また学校に通っていても、周りの子たちからうらやましがられるようなスタイルを手に入れられるでしょう。
また、体育で水泳がはじまる夏、わが子はすでに泳げるために成績アップにもつながります。
運動の中で一つでも得意なものがあれば、子どもにとって学校は一気に楽しい場所になります。

笑顔で子供の帰宅する姿ほど親を安心させ自分の判断を褒められるものはないのではないでしょうか。

東大生も子どもの頃は水泳してました

日本の最高学府である東京大学の方たちに「子どもの頃、習い事なにをしていましたか」と聞くと早いうちに習い事をはじめるメリットが見えてきます。

まず、子どもの頃から習い事をしていたという方がとても多いです。

例えば「学習塾」です。
中には予備校にも学習塾にも通はないで東大に合格したという方もいらっしゃいますがそれは少数で、塾や予備校を自習スペースとして利用するような目的をもって通っていたという方も大勢いたそうです。
習い事で自由な発想が阻害されないという良い例です。

その他によく出てくるのが水泳教室なのです。

理由はお手軽な点、厳しくなく大人になっても楽しめる点、運動能力を鍛え健康的になる点などからです。

話を聞いてみると、東大生ならではの習い事はなく、いつでも参考にできるものばかりという発見もあります。

また、習い事なしでもなんとでもなるというのは少数例だということもわかるのではないでしょうか。


TOPへ戻る