小さいころから習い事

>

幼児に適した習い事

子どもにはどうあってほしいですか

子どもにどうあってほしいですか。
習い事を考えるうえで一度は考えてみてほしいことです。
「頭のいい子に育て欲しい」「運動能力の高い子になってほしい」正直に考えてみる方がよりメリットを得られます。
その中で、たくさん出てくる意見の一つが「礼儀正しい子に育ってほしい」ではないでしょうか。

礼儀は早ければ早いほど良いスキルの一つです。
礼儀の正しい子で損をする子はいないと言えるくらい、いつまでも使うことのできる最高のスキルの一つです。
考えてみてください。
あいさつのできないことがどれだけコミュニケーションに不利になるかを、コミュニケーションがどれだけ社会や学校生活を円滑にするかを。

幼児教室では、同年代の子どもや先生方大人と一緒になってこれらあいさつの大切さを教えてくれます。

幼児教室は知育に最適です

幼児教室では、同年代の子どもとともに「あいさつ」や「知育」に最大限のメリットを提供しています。

知育という単語を聞いたことがありますか?
これは幼児期の活性化された脳をさらに刺激する教育のことです。
IQ上昇にも最適で子どもの脳が優秀になります。

知育の理論はこうです。
人間の脳は6歳までには9割ほども完成してしまうと言われています。
幼児期の脳はそれだけ活性化されたものであるのですが、同時に完成してしまえばそれ以降の発展はない物でもあるのです。
ここに注目点を置いた習い事を幼児教室ではおこなっています。

いったいどんなことをするのか興味の出てきた方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
しかし前もって代表的な幼児教室の姿をお伝えすると絵本を使った本読みやおもちゃを使った脳への刺激といったものです。

詳しくは教室によって違いがありますので目で確かめてみると良いでしょう。


TOPへ戻る